ひろブログ

好きなこと、日々の生活について綴ります。

ロードバイクをやるべき理由

車の運転中、やたらと早い自転車が脇を通り過ぎて行った経験はありませんか?それは、ロードバイクです。そこで今回は、筆者の体験談を元に、皆様にロードバイクをやるべき理由をご紹介します。

 

まず、ロードバイクとは、どんなものなのかご説明します。

多段の変速機(ギア)が搭載されており、車体も軽い、 タイヤの細い自転車です。

ロードバイク以外にも、クロスバイク(中間の位置付け)、マウンテンバイクがあります。

ロードバイクは、舗装路での走行に特化しているので、あの様なタイヤが付いています。

 

 

 

ストレス解消にピッタリ

 カンタンに20〜30キロのスピードが出ます。風を切る感覚は爽快です(車に比べれば、遅いですが、体感速度が凄い早く感じます)。日頃のストレスが吹っ飛びます。

 

 

ダイエット

膝への負担も徒歩より、はるかに低く、長時間の運動が出来ます。カロリー消費が半端無いです。実際、走行中にエネルギーバーなどを食べて、カロリー不足を補います。

 

 

坂道が好きになる

ギアのおかげで今まで登れなかった坂道もスイスイ登れます。坂バカがいるほどです(坂道を好むロードバイク愛好者のこと)。ちなみに坂道を上るロードレース競技をヒルクライムといいます。

 

 

道をおぼえる

ロードバイクを買うと、色んなところへ行きたくなるので自然と道をおぼえます。

 

 

知り合いが出来ます

私はいつも自宅近くの武庫川(むこがわ)という川の近くのサイクリングロードを走っていました。休憩中、走行中に話しかけられることもあり、知り合いが自然に出来ました。

 

 

店巡り

私は、ロードバイクを使い、色んなパン屋巡りを実際に行っていました。最近は、ロードバイクのスタンドを設置している店も増えています。「あの店に行きたいから、走りたい!」という感じですね。

 

 

改造

機械モノが好きな人は、改造にハマったり、出来るかもしれません。サドルに始まり、タイヤなど、好きなものに換装出来ます。乗用車に比べれば、はるかに低い予算でカスタマイズ出来ます。ちなみに車体自体の価格は、最低5万〜で、上はキリがありません笑。筆者はTREKというメーカーの自転車を購入していました(30万弱)。

 

 

 

あと、ロードバイクレースを題材にした、漫画があります。全然ロードバイクを知らなくても楽しめるので、オススメです。下の作品二つ共アニメ化、弱虫ペダルの方は、舞台化までしています。

弱虫ペダル

オーバードライヴ

 

 

とりあえず気になったら、近くのショップに行ってみてください。試乗もさせてもらえます。ギアにズボンの裾を食い込まれることがあるので、たぐり上げやすいものを履いていくことをオススメします。

以上です。